サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【チェルシーで再び輝いたセスク・ファブレガス】セスクの14-15シーズンをまとめてみた!

   

バルセロナのカンテラで育った少年は、海を渡りアーセナルへ。弱冠18歳でレギュラーを獲得。21歳でキャプテンに。そして古巣・バルセロナへ。しかし、セスクの非凡な才能と感性は当時のバルサにはフィットしなかった。彼は決断した。新天地に行くことを。

スポンサーリンク

 

しかし、移籍先に選んだのは第二の古巣・アーセナルではなく、同じロンドンに本拠地を置くチェルシーだった。

そして彼はチェルシーで再び輝いた。

同時期にチェルシーに加入したFWジエゴ・コスタの存在は大きかった。

14-15シーズン、セスクは18アシストでアシスト王に輝いた。セスク→コスタのホットラインで生まれたゴールは6ゴール。ジエゴ・コスタは今季20ゴールを挙げている。アザールの14ゴールのうち、4つはセスクのアシスト。セスクはチェルシーの攻撃陣の中心に。

また、セスクはパス成功本数でもプレミアでトップに。その本数なんと2336本。ちなみに2位はヤヤ・トゥーレで2144本。

 

セスクが再び輝きを取り戻しているのを、少しはお分かりいただけただろう。 ちなみにこんな神技もひっそりやっています。

 

 

今回の、セスク14-15シーズンの全ゴールと全アシストの動画を寝る前にしっかり目に焼き付けておこう!

 

スポンサードリンク

 - プレミアリーグ, 海外サッカー , , ,

  関連記事