サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【全ての始まりは悪夢の怪我から】ファルカオは今季チェルシーで復活できるのか?

   

全ての悪夢の始まりは、2014年1月22日に行われたフランスカップ・ベスト32のモンドール・アゼルグ戦だった。

ファルカオは先発出場。

彼は先制点を決めたものの、40分にペナルティエリア内で相手選手からタックルを受け、左ひざを痛めて担架で運ばれ退場。

左膝の十字靭帯尊様の大けがとなり、その年のブラジルW杯出場は叶わなかった。

スポンサーリンク

その怪我を境にファルカオのプレーに陰りが見え始めた。

ファルカオは新天地を求めてマンチェスター・ユナイテッドに移籍。

しかし、以前のスピードとキレが戻っていないのは、誰の目から見ても明らかだった。

ユナイテッドではベンチを温める日も多くなっていった。

しかし、シーズンが進むにつれ、ファルカオの「本物」が徐々に片鱗を見せつつあった。

シュートまでのタッチや動きなどは、ファルカオのそれに近づきつつあったし、復活もそう遠くはないと思わせた。

そんな中でのチェルシー移籍。

年齢による衰えも心配される。チェルシーの9番はあのフェルナンド・トーレスがつけていた「不吉」な番号。

ファルカオのチェルシー初ゴールも近いだろう。

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - プレミアリーグ, リーガ・エスパニョーラ, 海外サッカー , , ,

  関連記事