サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【インテル3冠の英雄】モウリーニョを失った、ウェズレイ・スナイデルの苦悩の日々

   

イタリア史上初となる主要タイトル3冠のまさに原動力となった、インテル3冠の英雄ウェズレイ・スナイデル。

3冠を達成した09-10シーズン終了後、UEFA最優秀MFに選出。

その年の2010年W杯南アフリカ大会にて、オランダの32年ぶり決勝進出に貢献。

2010年のFIFAバロンドールの最有力候補と考えられていたが、最終候補の3人にも残らなかった。

スポンサーリンク

これは、この年からバロンドールとFIFA年間最優秀選手が統合され、選出方法が変わったため。

従来の選出方法である、ジャーナリストによる投票のみの場合、スナイデルはトップ。

しかし、各国代表の投票により、スナイデルではなくメッシが選ばれた。

この選考は、現在でも物議を醸している。

それを境にスナイデルの環境は大きく変わった。

3冠を達成したモウリーニョはインテルを退団。後任にラファエル・ベニテス氏が就任。

しかし、成績不振により、わずか半年で解任。

スナイデルも度重なる負傷で不振に。

モウリーニョを失ったスナイデルは、チーム不振の原因ともされた。

活躍に見合わない高額な年俸、圧倒的に不足している運動力、スナイデルの創造性より、確実な戦術を選んだチーム方針。

全てが重なったとき、スナイデルはインテルを追い出されるようにトルコ・ガラタサライへと”逃げた”のである。

トルコリーグは、欧州トップリーグよりレベルは落ちるものの、スナイデルは躍動した。

 

そのプレーに、かつて3冠を達成した「世界一級品」の片鱗を見れた気がした。

 

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - 海外サッカー , , , ,

  関連記事