サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【レアルの調子はクロース次第?】世界最高MFの階段を登るトニ・クロース

   

レアル・マドリードのシャビ・アロンソに代わる、新たな司令塔として活躍するドイツ代表トニ・クロース。

現在25歳のクロースは、世界最高MFの階段を登っている。

レアルの調子は、クロース次第と言っても過言ではないぐらい、重要な存在になりつつある。

スポンサーリンク

元チームメイトで、バイエルン・ミュンヘンでプレーするフランク・リベリーは

「クロースが10番としてプレーすれば、僕にとってそれはプラスになる。ボールを持てて、良いパスも出せる。彼は僕にとっての10番さ」

と語るほど。

クロースがその才能を開花させたのは、レヴァークーゼン時代の恩師である、ユップ・ハインケス監督。

レヴァークーゼンからバイエルンに復帰したクロースは、周囲の期待に応えられない活躍であったが、ハインケス監督がクロースを見事に開花させた。

後にバイエルン監督に就任したグアルディオラとは折が合わず、その後レアル・マドリードに移籍するが、そこでさらに躍進。

アンチェロッティ監督のもと、クロースはレアル・マドリードになくてはならない存在に成長した。

そんなクロースの特徴は、正確無比なキック。並外れた広い視野。

シャビ・アロンソを彷彿とさせる絶妙なロングフィードと広い視野は、数多くの得点を生み出した。

また、レジェンドである元フランス代表ティエリ・アンリを思わせるゴールへ”パス”する様は、彼が25歳だと全く感じさせない。

彼の今後の活躍に目が離せない。

出典:YouTube
スポンサードリンク

 - UEFAチャンピオンズリーグ, リーガ・エスパニョーラ, 海外サッカー , , , ,

  関連記事