サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【ブラジル左サイドバック】マルセロは、あのロベルト・カルロスを追い抜くことができるのか?

   

ロベルト・カルロスとカフー。

あなたは「世界的なサイドバックは誰?」という質問に、彼ら2人の名前がすぐに頭に思い浮かぶのでないだろうか?

90年代後半から00年代前半にかけて活躍したブラジル代表両サイドバックの2人は、サッカー史に名を残す偉大な選手だ。

ロベルト・カルロスと同じブラジル-スペインと渡ったブラジル代表DFマルセロは、長い間、ロベカルの後継者だと言われ続けてきた。

(※レジェンドは、ブラジル-スペイン移籍前にインテルで1年間プレーしているが、当時の監督であったロイ・ホジソンは、彼を左ウイングとして起用することを望み、彼にとって不本意なシーズンとなっている。)

しかし、マルセロは彼を超えていない。

マルセロは、あのロベルト・カルロスを追い抜くことができるのか?

スポンサーリンク

ロベカルが歴代で世界最高の左サイドバックだということに、誰も疑いの余地を持たないだろう。

彼の攻撃参加は、サイドバックというポジションの概念を大きく変え、現代サッカーにおいて、その重要性はさらに増している。

また、小柄ながらも、彼の左足から放たれるフリーキックは、「悪魔の左足」と呼ばれ、当たって失神する選手もいるほど。

 

そんなレジェンドの後継者として、長らく言われ続けてきたのが、レアル・マドリードDFマルセロ。

フルミネンセからレアル・マドリードへと渡ったマルセロは、当時「攻撃は多彩、しかし、守備に難あり」という状態。

攻撃は、幼少期にやっていたというフットサルが、彼の想像力を高める基礎となっていた。

しかし、守備の面で課題があり、左サイドバックを当時のアルゼンチン代表DFガブリエル・エインセが勤め、マルセロが左サイドハーフを務めることが多くなっていた。

 

そして、マルセロに大きな転機が訪れる。

レアルの監督に堅守で有名なジョゼ・モウリーニョが就任した。

この監督交代は、マルセロのプレースタイルを大きく変え、難があった守備も次第に改善されていった。

果敢な攻撃参加に、長らく課題だった守備も改善。

 

しかし、それでもマルセロがレジェンドを越えてはいない。

いや、追いついてもいないだろう

マルセロがロベカルほどのインパクトを残せているだろうか。

この問いに、「イエス」と答える人は、まだそれほどいないだろう。

それほどまでに、ロベルト・カルロスという男は偉大であり、歴代で世界最高の左サイドバックと言われる所以なのだろう。

 

今夏、2015年7月10日、マルセロはレアル・マドリードとの契約を2020年6月30日まで延長した。

マルセロは言っている。

「彼(ロベカル)は僕のアイドルなんだ」と。

だからこそ、追いつき、そして越えて欲しい。

はたして、マルセロがレジェンドを超える日はやってくるのだろうか。

 

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - リーガ・エスパニョーラ, 海外サッカー , , , , , , ,

  関連記事