サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

長友を救った恩師との運命的な出会い。まるで小説のような長友佑都のシンデレラストーリー。

   

愛媛FCのセレクションに落選した少年は、地元中学校に入学し、サッカー部に入部するも学校には行かず、ゲームセンターに通う日々が続いていた。長友佑都は完全にグレていた。

そして、長友の入学と共に赴任してきた熱血教師・井上先生。当時のことを長友は「本当に金八先生みたいだった」と語るほどの熱い男。のちに、彼は長友を正しい道へと引き戻していくことになる。荒れたサッカー部の再建に取り組む井上先生は長友を正しい道へと引き戻そうとしていた。

そのことを長友は「ゲームセンターで、僕が丁度ゲームをしていて、先生がきて、そこで愛のビンタを喰らって。その時に“母さんがこれ見てたらどう思う?”、“母さんのために頑張らないかんやろ”っていうことを言われましたね」と語っている。

長友は小学3年の時に、両親が離婚して母子家庭に。お母さんが仕事をしながら女手一つで3人の子供を育てたそう。

これが契機となり、長友は徐々に正しい道へと戻っていくことになる。これが長友と恩師・井上先生との運命的な出会いとなった。長友が彼と出会うことがなければ、サッカー選手はおろか、はたしてどうなっていたかも定かではない。それだけ井上先生との出会いは運命的だったのだ。

井上先生の練習はきつく、とにかく走らされたとか。当時、テクニック重視のプレーヤーで走ることが嫌いだった長友。いまでは考えられないことだが、そんな彼を走るプレーヤーへと変貌させる基礎を作り上げたのが井上先生である。中学部活引退後に、井上先生が”元サッカー部”に駅伝の練習をさせ、長友が誰よりも長く最後まで走り続けていたという逸話があるくらい。

地元・愛媛を離れ、サッカー強豪校である東福岡高校に進学するも、そこまで目立つ選手ではなかったようだ。レギュラーとして冬の高校選手権に出場するも、プロからは声もかからず。高校で学業を怠らなかったことで、指定校推薦で明治大学に進学する。将来の就職を見据えてのことであった。

しかし、スポーツ推薦ではない長友に最初の1年間はほとんど光が当たることはなかった。ここでまた、長友は道を外れてしまうものの、同級生によって、乗り越えることに成功。その後、明治大学の神川明彦監督は、長友の特性を見抜き、サイドバックへコンバートする。これがハマり、その後はFC東京の特別指定選手となり、FC東京とプロ契約することに。

のちの彼の活躍は言うまでもないだろう。2009年にはA代表定着。2010年W杯に出場し、セリエA移籍を果たすと、2011にはビッグクラブである、インテルに移籍。長友佑都の名前は、世界中へと知れ渡るようになった。

ポジション争いなどで何度も苦境に立たさられることがあったが、その度に彼は成長し、ポジションを勝ち取ってきた。彼の今後の活躍に期待です。

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - セリエA, 海外サッカー ,

  関連記事