サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

驚異のパス成功率100%を記録。常にシャビ・アロンソと比較され続けるトニ・クロース。

   

クロースはそれに抗うことはできないだろう。比較して初めて、クロースの凄さを実感できるのだから。

先日のリーガ・エスパニョーラ第18節バレンシア戦でトニ・クロースは計80本、全てのパスを成功させており、驚異のパス成功率100%を記録。レアル・マドリードの中盤に欠かせない存在である。

スポンサーリンク

そして、彼が常に比較されるのが、クロースが移籍する前にマドリードの中盤を牛耳っていたシャビ・アロンソ。彼もまた高いパス成功率を誇っており、現在所属しているバイエルン・ミュンヘンでも異質の存在感を放っている。

しかし、彼らのプレースタイルが全く同じというわけではない。少し高いポジショニングを取るクロースに対し、アンカーのようなポジショニングを取る。ダブルボランチでいう、高めにポジショニングを取るのがクロース、下がり目にポジショニングを取るのがシャビ・アロンソ、と言ったところか。

他にも、シャビ・アロンソの方が、ロングパスを多用する傾向にあるのも彼らの特徴に違いか。

クロース本人は、シャビ・アロンソとの比較を好まないようだが、偉大な選手と比較される選手はそう数多くない。比較されるのも光栄だと思うのだが…。

 

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - リーガ・エスパニョーラ, 海外サッカー , , , , , ,

  関連記事