サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

思わず息を呑む、その美しいボールの軌道。早く友達に見せたくなる芸術的なフリーキック特集。

   

思わず息を呑む、その美しいボールの軌道。

カーブを描いて、ゴールに吸い込まれるボールは、まさに芸術と言っても過言ではない。

ラグビーの五郎丸選手ではないが、彼らにも蹴る前のルーティーンがきっとあるに違いないだろう。

スポンサーリンク

いまでこそ、多くのプレーヤーが無回転フリーキックを武器としているが、その無回転フリーキックの先駆者であるジュニーニョ・ペルナンブカーノを当時初めて見たとき、「足のどこでボールを蹴れば、無回転になるんだ?」と何度も映像を見返したのを思い出した。

ちなみに、ご存知の方も多いかと思うが、フリーキック決定率なるものがデータ会社『OPTA』によって算出されており、意外な結果となっているのは非常に面白い。

◆直接FK決定率ランキング(2013-14シーズン以降)
※左からゴール数、シュート数、決定率
1位:MFピャニッチ(ローマ) 7本 38本 18.4%
2位:MFヴァス(セルタ) 6本 38本 15.8%
3位:MFコンティ(無所属) 4本 26本 15.4%
4位:MFジェラード(LAギャラクシー) 3本 20本 15%
5位:MFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー) 4本 27本 14.8%
6位:MFユヌゾビッチ(ブレーメン) 5本 35本 14.3%
6位:MFエリクセン(トッテナム) 6本 42本 14.3%
8位:MFミララス(エバートン) 3本 22本 13.6%
9位:MFチャルハノール(レバークーゼン) 11本 82本 13.4%
10位:MFベイル(レアル・マドリー) 3本 24本 12.5%

 

意外にもフリーキックを決めているイメージの強いクリスティアーノ・ロナウドやズラタン・イブラヒモビッチ、リオネル・メッシなどといったプレーヤーは成功率が低いという結果に。これは蹴る回数が多い(分母が大きい)からということもあるが。

トップはミラレム・ピャニッチ。あくまで成功率を基準としているので、ハカン・チャルハノールは成功本数こそ11本と頭1つ抜けているが、成功率では82本のチャレンジに対しての11本なので13.4%に。比べて、ピャニッチは38本のチャレンジで7本の成功。成功率は18.4%と約5本に1本が入る計算になる。

このデータは、2015年のもので、直近のものも入れると随分と結果が変わってくる可能性も。

さて、この芸術的なフリーキック動画特集を見て、早く友達と凄さを共有しよう。

 

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - UEFAチャンピオンズリーグ, スーパープレー, 海外サッカー , , ,

  関連記事