サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【2016-17シーズン】今季のプレミアは監督に注目??プレミアリーグ移籍・噂情報まとめ《随時更新・速報》

      2016/08/15

16-17シーズン プレミアリーグ移籍情報まとめ

16-17シーズンの夏のプレミアリーグ移籍市場は、選手よりも監督に注目が集まっている。モウリーニョ、ペップ、コンテ、クロップetc…。名将の紹介も後ほどしたいと思うが、まずは選手移籍動向について。

今夏、プレミアのクラブで最も移籍市場を賑わせているのは、間違いなくマンチェスター・ユナイテッドだろう。成績不振で解任された前監督ファン・ハールの後任に、昨季チェルシー監督を、こちらも成績不振により途中解任されたジョゼ・モウリーニョを。彼の監督就任はプレミア勢力図を大きく変えていくだろう。

CLでなかなかなかなか勝てないマンチェスター・シティは、バルセロナとバイエルン・ミュンヘンで多くの栄冠を勝ち取ってきたペップ・グアルディオラを監督に招聘。シティにバルササッカーをいかに浸透させるのか注目で、彼のサッカー哲学を知る教え子を連れてくるのがポイントに。

スポンサーリンク

まさかの成績不振でCL圏内を逃したチェルシーには、EURO2016までイタリア代表を率いていたアントニオ・コンテを監督に。ユベントスを欧州で戦えるまでに復活させた彼の手腕は折り紙つき。守備に重きを置く彼のサッカー哲学は、チェルシーにも上手くフィットするはず。主将ジョン・テリーの後釜探しと退団濃厚とみられているジエゴ・コスタの穴を埋める人材探しが急務。

昨季よりリヴァプールの監督の椅子に座るユルゲン・クロップは、先日のバルセロナ戦で親善試合とはいえ4-0の快勝。ゲーゲンプレッシングが機能しているリヴァプールを見ると「今季こそプレミア優勝かも…」と思ってしまう人も少なくないはず。はたして。

アーセナルのプレミア優勝は、メスト・エジル級の選手獲得があれば…といった感じ。

昨季最終戦までトッテナムとのプレミア優勝を争ったレスター・シティは、エンゴロ・カンテチェルシーに。ジェイミー・ヴァーディ&リヤド・マフレズの流出だけは避けたいところ。今季よりCL出場で日程的には昨季よりも非常に厳しく、選手層をどれだけ厚くできるかがポイント。

 

【2016-17シーズン】今夏も注目が集まるリーガ・エスパニョーラ移籍・噂情報まとめ《随時更新・速報》

 


 

▼マンチェスター・ユナイテッド

2016-17シーズンの今夏、最も移籍市場を賑わせているのが、昨季ルイス・ファン・ハールの指揮のもと、プレミアリーグ5位という成績を残したマンチェスター・ユナイテッド。そのファン・ハールは成績不振を理由に監督解任され、後任にジョゼ・モウリーニョを。彼の就任は、欧州サッカー界の選手移籍事情を大きく変えてしまった。

1人目はズラタン・イブラヒモビッチ。移籍理由は「モウリーニョもオレも勝者だからだ」と。モウリーニョがユナイテッド監督に就任していなければ何も起こらなかったであろうイブラヒモビッチの移籍。リーグ優勝請負人はユナイテッドをプレミア優勝へ導けるか。

2人目はポール・ポグバ。モウリーニョがチェルシー監督時代から欲しがっていた選手は、移籍金8900万ポンド(約118億円)という超高額での古巣ユナイテッドに復帰。モウリーニョのもとでハードワークできるか注目。

他にもドルトムントからヘンリク・ムヒタリアンを獲得。ゴールもできる、アシストもできる抜群の能力を持つムヒタリアンがモウリーニョのもとでどのようなプレーをするのか。レジェンドであるフランク・ランパードを見習うと◎。

不安要素はGKで、昨夏移籍市場の閉幕ギリギリでのユナイテッドとレアル・マドリード間でのトレードが失敗に終わっただけに今夏も可能性が無い訳では無い。GKダビド・デ・ヘアの心中はいかに。

 

 

2016年7月1日:イブラヒモビッチ、移籍先がマンチェスター・ユナイテッドと発表 「世界が知るときが来た」

 

 

2016年7月7日:マンU、ムヒタリアン獲得を正式発表「モウリーニョの信頼に感謝」
2016年8月7日:ポグバ、史上最高額で古巣復帰へ…マンUがメディカルチェックを発表

 

 

 

 

IN
監督:ジョゼ・モウリーニョ(フリー)
DF:エリック・バイリー(←ビジャレアル)
MF:ヘンリク・ムヒタリアン(←ドルトムント)
MF:ポール・ポグバ(←ユベントス)
FW:ズラタン・イブラヒモビッチ(←パリ・サンジェルマン)

OUT
監督:ルイス・ファン・ハール(未定)
GK:ビクトール・バルデス(→ミドルスブラ)
DF:ギジェルモ・バレラ(→フランクフルト)※レンタル移籍
MF:ニック・パウエル(未定)
MF:バスティアン・シュヴァインシュタイガー(未定)※退団は濃厚
FW:アシュリー・フレッチャー(→ウエストハム)

 


 

▼マンチェスター・シティ

ペップ・グアルディオラは、バルセロナバイエルン・ミュンヘンを経て、マンチェスター・シティを監督キャリアの3チーム目として選んだ。モウリーニョと同じく彼の魔法にも有効期限が存在し、おそらく今回も3〜4年が限界か。

入ってくる選手が多いなか、放出選手が少なく、これから見極めていくのだろう。ペップとは何かと不仲説が唱えられるヤヤ・トゥーレはどうなるか。

バルセロナGKテア・シュテーゲンがクラブを出たがっているという噂もあり、シティ移籍は濃厚か。これまでシティのゴールマウスを守ってきたGKジョー・ハートとの起用について、ペップは苦渋の選択を迫られそうだ。

ポイントは、ペップ哲学を上手く浸透させることができるか。これまでリーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガで成功を収めてきたが、プレミアリーグでもそれが通用するのかは未知数。

CLではプレミア勢に多く勝利をしてきたが、シーズンを通して継続できるかが見所。バイエルン監督就任時にバルセロナからチアゴ・アルカンタラを連れてきたように、彼の哲学を知る選手を上手く連れて来れるかが焦点になりそう。

ユベントスDFレオナルド・ボヌッチに高額オファーを提示しているようだが、可能性は低いだろう。

 

2016年6月2日:ギュンドアン、シティ移籍が正式決定!  4年契約でペップの下へ
2016年7月1日:ペップ・シティがノリート獲得を発表! ギュンドガンに続く2人目の補強
2016年7月9日:マンチェスター・C、ボヌッチに年俸約9億円を準備 ユーヴェは売却を迫られる?
2016年7月10日:T・シュテーゲンがマンC移籍へ…バルサは代役にGKレイナ獲得か
2016年8月6日:シティ、19歳のコロンビア代表FWマルロス・モレノ獲得を発表 今季はデポルで修行を積ませる

 

 

IN
監督:ジョゼップ・グアルディオラ(←バイエルン・ミュンヘン)
GK:マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)※ 噂あり
MF:イルカイ・ギュンドアン(←ドルトムント)
MF:アーロン・ムーイ(←メルボルン・シティ)
MF:オレクサンドル・ジンチェンコ(←FCウファ)
MF:リロイ・サネ(←シャルケ)
FW:ノリート(←セルタ)
FW:ガブリエウ・ジェズス(←パルメイラス)※2016年はパルメイラスに残り、2017年1月よりチームに加わる。
FW:マルロス・モレノ(←アトレティコ・ナシオナル)※2016-2017シーズンはデポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍

OUT
監督:マヌエル・ペジェグリーニ(未定)
DF:マルティン・デミチェリス(未定)

 


 

▼チェルシー

モウリーニョの呪縛は、シーズン最後までチェルシーを苦しめた。EURO2016までイタリア代表監督を務めたアントニオ・コンテは、チェルシーに何をもたらすか。奇しくも、巷でコンテは「イタリア版モウリーニョ」とも呼ばれており、どんな選手であろうともハードワークを求める。昨季プレミア王者レスター・シティよりMFエンゴロ・カンテの獲得は、マケレレ在籍時のチェルシーを思い起こさせる。

ポイントはDFとFWの補強か。

主将ジョン・テリーの後継者探しは、数年前より叫ばれているが、なかなか決まらず。獲得を切望していたエヴァートンDFジョン・ストーンズは、マンCへ移籍。ユベントスDFレオナルド・ボヌッチに高額オファーを提示しているが、ユベントス首脳陣が首を縦に振る可能性は少ないだろう。

退団希望の噂があるジエゴ・コスタの後釜として、マルセイユよりFWミヒー・バチュアイを獲得したが、彼にドログバ級の活躍は見込めないだろう。既に完成された選手を獲得する傾向のあるコンテは、おそらく一線級で活躍できる選手を獲得する。かつてチェルシーに在籍していたエヴァートンFWロメウ・ルカクが第一候補としてリストアップされているが、はたして。

 

 

 

2016年7月4日:チェルシー、バチュアイ獲得を正式発表 「ドログバと同じマルセイユから加入のストライカー」
2016年7月16日:チェルシー、王者レスターからMFカンテ獲得…コンテ新体制2人目の補強

 

IN
監督:アントニオ・コンテ(←イタリア代表)
MF:エンゴロ・カンテ(←レスター・シティ)
FW:ミヒー・バチュアイ(←マルセイユ)

OUT
監督:フース・ヒディング(未定)
GK:マルコ・アメリア(未定)※契約満了
FW:ラダメル・ファルカオ(→モナコ)※レンタル期間終了
FW:アレシャンドレ・パト(→ビジャレアル)※契約を残しコリンチャンスに戻りビジャレアルへ。

 

リーガ・エスパニョーラ好きのあなたがWOWOWを選ぶべき5つの理由。

 


 

▼リヴァプール

ユルゲン・クロップが指揮をとるリヴァプールは、今季まさかの…があり得るかもしれない。世界最高のMSNが本調子ではないかどうかは定かではないが、シーズン前に行ったバルセロナとの親善試合では、その可能性に思わず胸が躍った。

ブンデスリーガを席巻したゲーゲンプレス、それを考案した第一人者であるクロップは、リヴァプールでもゲーゲンプレスを戦術の中心に据える。昨季はまだまだ荒さが目立ったが、バルセロナとの試合では、全盛期のドルトムントとわずかに姿が重なって見えた。名将クロップのこと、今季はさらにゲーゲンプレスを成熟させてくるだろう。

ポイントは、ゲーゲンプレスを理解し、実践できる選手を育成・獲得すること。教え子の獲得も良いが、個人的には全くの無の選手を獲得し、自分色に染めるのも良いのかもしれない。

今夏の選手獲得にはそれほど力を入れていないのか、リヴァプールにそれほど動きは見られない。既にある戦力でゲーゲンプレスを熟成させるのを目指すのが良いと判断したか。

 

2016年6月28日:リヴァプール、サウサンプトンFWマネの加入を発表…背番号は19
2016年7月21日:リヴァプール、アウクスブルクからの補強が正式決定 クラバンが「夢だった」と喜び
2016年7月22日:リバプール、オランダ代表MF獲得で合意。昨季ニューカッスルのチーム得点王に

 

 

IN
GK:ロリス・カリウス(←マインツ)
DF:ラグナル・クラバン(←アウクスブルク)
DF:ジョエル・ジョブ・マティプ(←シャルケ)
MF:ジョルジニオ・ワイナルドゥム(←ニューキャッスル)
FW:マリオ・バロテッリ(←ACミラン)※レンタル終了後の戻り
FW:サディオ・マネ(←サウサンプトン)

 

OUT 
DF:コロ・トゥーレ(→セルティック)
DF:マルティン・シュクルテル(→フェネルバフチェ)
DF:ジョーダン・アイブ(→ボーンマス)
MF:ジョー・アレン(→ストーク・シティ)

 


 

簡単に書いてみたが、まだまだ動きはありそう。特にチェルシーは、補強に失敗した昨季と同様に動きが少ない。首脳陣からしてみれば、モウリーニョの二の舞だけはさけたいはずで、大物選手獲得もあるかもしれない。

カンテを残せなかったレスターシティは、代役にニースMFナンパリス・メンディを獲得。ラニエリ監督のモナコ時代の教え子は、カンテを越えるとまではいかないものの、埋めるだけの実力は備えている。ヴァーディは契約延長で残留決定したものの、マフレズはいまだ不透明。彼の残留がレスターの未来を左右することになるだろう。

アーセナルも今夏の選手獲得の動きが少なく、現戦力でシーズンを戦うか。にしても毎年恒例のケガ人続出の対策は必要不可欠で、トレーニング内容・強度の見直しなど、選手獲得よりもそちらに力を入れたほうが良さそう。改善されれば必然的にプレミア優勝も見えてくるだろう。アーセナルにはそれだけの戦力を備えていると個人的には。

「優勝請負人」の名に相応しい活躍をしてきたズラタン・イブラヒモビッチジョゼ・モウリーニョ。彼ら2人のコンビ結成はインテル以来で、ユナイテッド復権に光も。ポグバの加入もプレミア優勝に拍車をかける。

 


 

プレミアリーグ移籍情報は随時更新していく予定です。

期待していないとは思いますが、速報レベルでの更新は都合により不可能なので、1日1回覗いていただけたらと思います。(笑)

以下の記事もぜひお読みいただけたらと思います。

【スポーツ・音楽・映画】WOWOWとスカパーの違いが分からない人のために簡単に比較してみた。

EURO2016で示した1億ユーロの価値。レアルとの生涯契約で”メッシ越え”を果たすか。

 

 

スポンサードリンク

 - プレミアリーグ, 海外サッカー , , , , , , , , , ,

  関連記事