リーガ・エスパニョーラ

5/11ページ

公式戦21ゴールを決めたイブラヒモビッチが、わずか1年でバルセロナを退団した理由。

わずか1年でバルセロナのユニフォームを脱ぐことになるとは誰も予想していなかっただろう。 [adsense] ズラタン・イブラヒモビッチは当時のことを「ある男が俺がバルセロナに残ることを強く拒んだ」と。ある男は「ズラタンを放出できないなら、私はバルセロナで監督を続けない」と。 ご存知のティキ・タカを主体とするバルセロナは、流動性を求めるために1トップを置かずに0トップというシステムを採用している。こ […]

世界中のクリスマスの話題はこの人たちが中心?再就職先に注目が集まるモウリーニョとペップ。

世はまさにクリスマス一色。これから2015年の振り返りなんてする人も多いかと思いますが、世界中の欧州サッカーファンはそれどころではない。クリスマスはモウリーニョとペップの話題で盛り上がることだろう。 [adsense] というのも、モウリーニョは先日18日にリーグでの成績不振を理由に監督を解任。モウリーニョの「3年目の憂鬱」とはよく呼ばれたもので。成績不振には様々な要因が絡んでおり、開幕直後にチー […]

バルセロナのティキ・タカに欠かせない、攻撃の幅を広げるサイドバックという存在。

現代サッカーにおいて、サイドバックの重要性は益々高まっている。それが強豪クラブならなおさらで、昨シーズンのCLベスト4チームのサイドバックの名前をさらっとあげてみると、ダニエウ・アウベスとジョルディ・アルバ(共にバルセロナ)、フィリップ・ラームとダビド・アラバ(共にバイエルン)、リヒトシュタイナーとパトリス・エブラ(共にユヴェントス)、マルセロとカルバハル(共にレアル・マドリード)。 [adse […]

個人として最高の成績を収めたロナウド。チームとして最高の成績を収めたメッシとネイマール。

この3人を比較し、誰が1番だったか、など決して決めることなどできない。それほどトップクラスであり、誰が1番でも納得のいく結果となるからだ。 2015年バロンドール賞最終候補3人が決まり、あとは結果を持つだけになった。 [adsense] 2015年はバルセロナの年だと言っても、誰も反論するものはいないだろう。チャンピオンズリーグ優勝はもちろん、リーガ優勝を含む3冠を達成し、クラブW杯も優勝したため […]

また一つステップアップしたネイマール。メッシ不在で得たチームからの多大なる信頼。

メッシ不在のバルサは、それでも強かった。バルセロナのエースとして君臨するリオネル・メッシが今季は9月から怪我に悩まされ、MSNトリオの脅威も昨季ほどではなくなる、というのが大方の予想ではあった。しかし、今季のバルサは違った。 [adsense] メッシ不在で奮起したネイマール。FWルイス・スアレスもメッシの穴を埋めようと普段よりも気持ちが入ったプレーを披露しているが、特にネイマールは凄い。 彼自身 […]

レアル・マドリード『背番号10』の系譜。時代とともに進化する『背番号10』を考えてみる。

時代とともにサッカーのスタイルは変化し、進化している。それと同時に『背番号10』の役割も変化し、そして進化している。 1980年代、当時のサッカーはプレッシャーが少なく、相手が自陣に攻めてきたときにプレッシャーをかけ、ボールを奪いにいくというスタイルが主流。そのためファールが比較的少なく、クリーンなサッカーが繰り広げられていた。 しかし、このサッカースタイルを変化させるチームが出現する。「トータル […]

メッシとネイマールの狭間で。バルセロナに化学反応を生み出したルイス・スアレス。

2014年夏に、リヴァプールを離れたウルグアイ人FWは、 契約期間5年、移籍金8100万ユーロ(当時のレートで約111億円)という超破格の契約内容でバルセロナへとやってきた。スアレス加入は、メッシ、ネイマールという世界的スーパースターと共に共存できるのか、という最大の疑問を生み出し、ファンはシーズン開幕まで、その最大の疑問について議論し続けた。 [adsense]   とは言っても、スア […]

心からサッカーを楽しむ姿に人々が惚れた。窮地を救ったロナウジーニョのバルサ移籍の裏側。

ロナウジーニョの心からサッカーを楽しんでいる姿に、私たちは惚れた。彼なら窮地に追い込まれたバルセロナを救えるかもしれないと。 03年夏にバルセロナへと移籍してきたロナウジーニョ。前の年の02年日韓W杯での活躍により、パリでプレーしていたロナウジーニョの名は世界中へと広まった。イングランド戦でのGKシーマンの頭上を越えるフリーキックを決めたロナウジーニョは、当時3R(リバウド、ロナウド、ロナウジーニ […]

【驚愕のパス回し】ティキ・タカを支える、バルサのトレーニングを見たことないあなたへ

最近、耳にすることが多くなってきた「ティキ・タカ」という言葉。ショートパスを多用し、ボールを取られないことで、相手の攻撃回数を減らし、失点するリスクを減らせるのはもちろんのこと、多彩なパス回しで相手DFを振り回し、完璧に崩して得点する。主にバルセロナやバイエルン・ミュンヘン、アーセナルなども、このスタイルで戦っている。 [adsense]   それは、簡単にできることではなく、並大抵の練 […]

【パスの魔術師】黄金の左足でマドリディスタを魅了した努力を知らない天才・グティ。

まさに天才。努力を知らない天才・グティは、その黄金の左足で多くのマドリディスタを魅了してきた。 誰にも見えないパスコースが、彼には見えているのだろうか。想像もつかないそのパスは、敵だけでなく味方をも欺く。 [adsense] そんな天才も全てがうまくいっているわけではなかった。努力を知らない天才は、同じマドリードの生え抜き出身の頑張り屋であるラウルになぞらえて「グティがラウルほどの努力を重ねていれ […]

1 5 11