プレミアリーグ

5/8ページ

【コウチーニョ放出を後悔するインテル】プレミア開幕戦で決勝ゴールをあげたコウチーニョ

インテルはきっとコウチーニョを放出させたことを後悔しているだろう。 先日、2015-16シーズンのプレミアリーグが開幕した。 [adsense] リヴァプールはストーク・シティと対戦。 両者とも決めてを欠き、このままスコアレスドローかと思われたが、コウチーニョが試合を決定づけるゴールをあげ、リヴァプールは開幕戦白星スタートとなった。 コウチーニョは2013年の冬にインテルからリヴァプールに移籍。 […]

【スペイン人の小さな魔術師】アーセナルにサンティ・カソルラが必要不可欠な理由

現在、バルセロナを退団し、アル・サッドでプレーをしているMFシャビ。 かつて彼は、バルセロナが獲得すべき選手として1人の小さな魔術師の名前を挙げていた。 [adsense] アーセナルMFサンティ・カソルラ。 ビジャ・レアルでキャリアをスタートさせた彼は、27歳までスペイン国内でプレー。 そしてアーセナルへと移籍するのである。 当時のことを彼は 「まさかビッグクラブでプレーできるとは思っていなかっ […]

【リヴァプールの救世主となれるか?】クリスティアン・ベンテケを知らないあなたへ

クリスティアン・ベンテケがリヴァプールの救世主に? リヴァプールがクラブ史上2番目となる、移籍金3250万ポンドを支払って獲得したクリスティアン・ベンテケ。 ちなみに最も高額だったのは、2011年にニューカッスルから獲得したFWアンディ・キャロル。移籍金は3500万ポンド(当時で約45億円)である。 [adsense] クリスティアン・ベンテケは、最近、若手の活躍が著しいベルギー出身の24歳。 身 […]

【全ての始まりは悪夢の怪我から】ファルカオは今季チェルシーで復活できるのか?

全ての悪夢の始まりは、2014年1月22日に行われたフランスカップ・ベスト32のモンドール・アゼルグ戦だった。 ファルカオは先発出場。 彼は先制点を決めたものの、40分にペナルティエリア内で相手選手からタックルを受け、左ひざを痛めて担架で運ばれ退場。 左膝の十字靭帯尊様の大けがとなり、その年のブラジルW杯出場は叶わなかった。 [adsense] その怪我を境にファルカオのプレーに陰りが見え始めた。 […]

【PSG移籍まで秒読み段階】わずか1年でマンUから移籍するディ・マリア

昨夏、レアル・マドリードから移籍金5970万ポンド(約115億円)でマンチェスター・ユナイテッドに電撃移籍したディ・マリア。 そんな彼がPSG移籍まで秒読み段階に。 [adsense] シーズン序盤は見事な活躍を見せるも、不運にもチームでの結果が伴わず、徐々に出番が減少。 シーズン終盤にはベンチで過ごすことも多くなった。不運にもチームの成績は徐々に良くなっていった。 かといって、ディ・マリアが悪か […]

【バルセロナ新主将】イニエスタを含めた、キャプテン翼に影響を受けた海外有名選手が多すぎるwww

バルセロナが、チームの新主将にMFアンドレス・イニエスタを任命したことをクラブHPにて発表。昨季まで主将だったMFシャビ・エルナンデスが今夏アルサッドに移籍したことにより、昨季まで副主将だったイニエスタが繰り上がりで就任。新副主将にはFWリオネル・メッシが就任する。 今回バルセロナの新主将となったイニエスタだが、彼は、高橋陽一氏の日本のサッカー漫画である「キャプテン翼」に憧れた選手の一人。 201 […]

【それはまるで魔法】メスト・エジルの繊細なボールテクニックが凄すぎたwww

それはまるで魔法。 彼の左足から放たれるボールは、寸分の狂いもなく魔法のように味方へと渡る。 それでいてフリーランニングを怠ることはしない。”ピッチの王様”として振舞うことをしないメスト・エジルは、現代サッカーを象徴する選手の一人だろう。 [adsense] レアル・マドリード時代には、カウンターサッカーを好むモウリーニョ監督のもと、アシストを量産。名門レアルの「10番」に […]

【チェルシーで再び輝いたセスク・ファブレガス】セスクの14-15シーズンをまとめてみた!

バルセロナのカンテラで育った少年は、海を渡りアーセナルへ。弱冠18歳でレギュラーを獲得。21歳でキャプテンに。そして古巣・バルセロナへ。しかし、セスクの非凡な才能と感性は当時のバルサにはフィットしなかった。彼は決断した。新天地に行くことを。 [adsense]   しかし、移籍先に選んだのは第二の古巣・アーセナルではなく、同じロンドンに本拠地を置くチェルシーだった。 そして彼はチェルシー […]

【非常に不運なプレーメーカー】フアン・マタは過小評価されすぎ!?

チェルシーファンなら忘れることはないであろうあのCK。ドログバの起死回生の同点ヘッド。あのゴールを決めたドログバに注目が集まりがちだが、あのCKを蹴ったのはフアン・マタだった。彼のその正確な左足のキックがなければ、あのゴールは生まれていなかった。 彼は過小評価されすぎだ。確かに守備の意識は他の選手に比べて低い。だが、この動画を見てください。きっと、スゴい選手だなぁと感心するはずだ。   […]

【ベイルの背番号を受け継ぐ期待の星】エリック・ラメラを知らないあなたへ

その男、わずか19歳にして名門CAリーベル・プレートの10番を背負う。 [adsense] CAリーベル・プレートを知らない人のために。パブロ・アイマール、ハビエル・マスチェラーノ、エルナン・クレスポ、ハビエル・サビオラ、ラダメル・ファルカオ。世界に名を轟かせた数々の名選手が、そのキャリアのスタートとしてプレーするのがCAリーベル・プレート。 エリック・ラメラは弱冠19歳にして10番を背負い、その […]

1 5 8