サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【昨季王者バルサがまさかの敗北】ジャイアントキリングを起こした、セルタの完璧なゲームプランとは?

   

昨季リーガ王者であり、3冠を達成したバルセロナ。

一方、ルイス・エンリケが指揮した古巣であり「第2のバルセロナ」との呼び声が高いセルタ。

ジャイアントキリングを起こした、セルタの完璧なゲームプランとは?

スポンサーリンク

ルイス・エンリケ監督が、指揮を執った一昨年のシーズンに基礎を作り上げたセルタ。

現在、エドゥアルド・ベリッソ監督の下で2年目を迎えた今シーズンは本家・バルサを上回る攻撃的なフットボールを展開。

今回の対戦は、無敗同士の2チームの激突であると同時に、バルサ哲学同士の激突とも捉えることができ、対戦前から注目が集まっていた。

中盤でボールを持ち、MSNにボールを良い状態で繋げたいバルセロナ。

セルタのゲームプランは、イニエスタ、セルジ・ロバルト、ブスケッツの中盤3人に自由にボールを持たせないこと。

MSNにいい形でボールを触らせないこと。

そんな両チームの思惑のなか、中盤3人にマンマークを指示したセルタのエドゥアルド・ベリッソ監督。

このマンマークは、引き分け狙いのマンマークではなく、あくまで勝ちに行くマンマークであったように思う。

中盤で前を向けないイニエスタ、セルジ・ロベルト、ブスケッツはマンマークに最後まで対応することはできなかった。

結果は4-1でセルタ勝利。

バルサは終盤に1点を返すのが精一杯。

完璧にゲームプランを遂行し、昨季王者にプレッシャーをかけ続け、勝利したセルタ。

今回の敗北により、首位陥落となったバルセロナ。

今季もリーガは混戦模様のようです。

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - リーガ・エスパニョーラ, 海外サッカー , ,

  関連記事