サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

イタリア セリエA 海外サッカー

【革命を起こしたDFたち】バロンドールを受賞したことがないレジェンド級プレーヤー3選(DF編)

投稿日:2019年1月3日 更新日:

毎年、”ヨーロッパ”の年間最優秀選手に贈られる賞であるバロンドール。

いわゆる“世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設され、候補者は30名、最終候補者の発表はなく、投票はジャーナリストのみによって行われる。

このバロンドールは、毎年1人しか選ばれない名誉ある賞である故に、レジェンド級の活躍をしてきたスタープレーヤーが受賞していないなんてことはザラに起きる。

「え?なんでこの人が選ばれていないの?おかしいでしょ!」

っていうレジェンド級プレーヤーを3人挙げてみる。

今回は特に受賞が少ないと言われているDF編。

その前に、歴代のバロンドール受賞者を並べてみる。

 

歴代バロンドール受賞者をリストアップした記事はこちら

 

多くの読者と珍しく意見が一致したような気がしたGK編はこちら

・記事作成中

 

誰もが納得するような人選で、面白みに欠けたMF編はこちら

 

選ぶのにかなりの時間を要した割には、そこまで好評でもなかったFW編はこちら

 

 

2018年 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
2017年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2016年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2015年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2014年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2013年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)
2012年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2011年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2010年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2009年 リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
2008年 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
2007年 カカ(ブラジル/ミラン)
2006年 ファビオ・カンナバーロ(イタリア/ユヴェントス)
2005年 ロナウジーニョ(ブラジル/バルセロナ)
2004年 アンドリュー・シェフチェンコ(ウクライナ/ミラン)
2003年 パヴェル・ネドヴェド(チェコ/ユヴェントス)
2002年 ロナウド(ブラジル/レアル・マドリード)
2001年 マイケル・オーウェン(イングランド/リヴァプール)
2000年 ルイス・フィーゴ(ポルトガル/レアル・マドリード)
1999年 リヴァウド(ブラジル/バルセロナ)
1998年 ジネディーヌ・ジダン(フランス/ユヴェントス)
1997年 ロナウド(ブラジル/インテル)
1996年 マティアス・ザマー(ドイツ/ドルトムント)
1995年 ジョージ・ウェア(リベリア/ミラン)
1994年 フリスト・ストイチコフ(ブルガリア/バルセロナ)
1993年 ロベルト・バッジョ(イタリア/ユヴェントス)
1992年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1991年 ジャン・ピエール・パパン(フランス/マルセイユ)
1990年 ローター・マテウス(ドイツ/インテル)
1989年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1988年 マルコ・ファン・バステン(オランダ/ミラン)
1987年 ルート・フリット(オランダ/ミラン)
1986年 イゴーリ・ベラノフ(ソ連/ディナモ・キエフ)
1985年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1984年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1983年 ミシェル・プラティニ(フランス/ユヴェントス)
1982年 パオロ・ロッシ(イタリア/ユヴェントス)
1981年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1980年 カール・ハインツ・ルンメニゲ(西ドイツ/バイエルン)
1979年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1978年 ケヴィン・キーガン(イングランド/ハンブルガーSV)
1977年 アラン・シモンセン(デンマーク/ボルシアMG)
1976年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1975年 オレグ・ブロヒン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1974年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1973年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1972年 フランツ・ベッケンバウアー(西ドイツ/バイエルン)
1971年 ヨハン・クライフ(オランダ/アヤックス)
1970年 ゲルト・ミュラー(西ドイツ/バイエルン)
1969年 ジャンニ・リヴェラ(イタリア/ミラン)
1968年 ジョージ・ベスト(北アイルランド/マンチェスター・U-)
1967年 アルベルト・フローリアン(ハンガリー/フェレンツ・ヴァーロシュ)
1966年 ボビー・チャールトン(イングランド/マンチェスター・U)
1965年 エウゼビオ(ポルトガル/ベンフィカ)
1964年 デニス・ロー(スコットランド/マンチェスター・U)
1963年 レフ・ヤシン(ソ連/ディナモ・モスクワ)
1962年 ヨゼフ・マソプスト(チェコスロバキア/ドゥクラ・プラハ)
1961年 オマール・シヴォリ(イタリア/ユヴェントス)
1960年 ルイス・スアレス(スペイン/バルセロナ)
1959年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1958年 レイモン・コパ(フランス/レアル・マドリード)
1957年 アルフレッド・ディ・ステファノ(スペイン/レアル・マドリード)
1956年 スタンリー・マシューズ(イングランド/ブラックプール)

 

 

スポンサーリンク

 

▼パオロ・マルディーニ(元イタリア代表/ACミラン)

20170618_maldini-650x433

 

近年、イタリアサッカーは大きく変貌し、攻撃的なスタイルを取るチームが多いが、その昔、イタリアサッカーといえばカテナチオと言われる鉄壁の守備サッカー。

なかでも、パオロ・マルディーニなくして、イタリアのカテナチオは語れない。

ACミラン一筋24年、セリエA647試合出場はセリエA最多出場記録で、アズーリ(イタリア代表の通称)ではジャンルイジ・ブッフォン、ファビオ・カンナバーロに次ぐ、126試合は歴代3位。クラブ、イタリアU-21代表、イタリアA代表で合わせて公式戦合計出場1000試合以上を数える、まさに鉄人。

イタリアサッカーにおける花形ポジションである左サイドバックに長年君臨し、果敢な攻撃参加、無類の強さを誇る1対1、カバーリング能力の高さに加え、彼の強烈なキャプテンシーは、今なお、パオロ・マルディーニという男が語り継がれる理由の1つだろう。

UEFAチャンピオンズリーグ優勝5回(1988-89, 1989-90, 1993-94, 2002-03, 2006-07)、セリエA優勝7回(1987-88, 1991-92, 1992-93, 1993-94, 1995-96, 1998-99, 2003-04)を成し遂げた。

が、彼のコレクターボックスにワールドカップ優勝のバッジは無く、イタリア代表の06年ドイツW杯優勝時のキャプテンであったファビオ・カンナバーロがバロンドールを受賞したことを考えると、彼に足りなかったものは…。

とは言え、W杯を優勝していなくてもバロンドールを受賞する人は受賞する。

93-94UEFAチャンピオンズリーグ決勝に舞台が、マルディーニがキャリアで最も輝いた瞬間と言えるだろう。バレージとコスタクルタを欠くディフェンスラインをCBとして上手く統率し、現代フットボールの創始者と呼ばれるヨハン・クライフ率いるバルセロナ相手に4-0で圧勝した。

しかし、この年のバロンドール受賞者は、バルセロナのフリスト・ストイチコフであった、という話は有名。

ちなみに、このストイチコフは、94年W杯で6得点をあげ、ブルガリア代表をベスト4に導くとともに、大会得点王にもなっている。

なお、ACミランは、背番号3を永久欠番にしている。

 

▼フランコ・バレージ(元イタリア代表/ACミラン)

19826_ext_04_0

 

「また、イタリア人プレーヤー?」。そう言うことなかれ。

バレージの強固な守備と類稀なる戦術眼は、リベロとして最高の素質を持つ。

176cmとDFとしてはかなりの小柄だが、相手FWに競り負ける姿を見た者は少ない。

また、ドリブルで向かってくる相手に対して、間合いを取るのが非常に上手く、リベロとしての攻撃参加は群を抜いていた。

「バレージ無くして、マルディーニは存在せず」なんて言葉は、いま、筆者が作った言葉だが、あながち間違いではないように思う。

マルディーニの強烈なキャプテンシーは、バレージ先輩から受け継いだもので、マルディーニに与えた影響は非常に大きい。

「グランデ・ミラン」で形成されたCBのアレッサンドロ・コスタクルタ、そしてマウロ・タソッティ、パオロ・マルディーニの両SBとともに、鉄壁の守備陣を形成。この顔ぶれはその後、イタリア代表でも見られることとなり、1994年アメリカW杯イタリア代表最終ラインそのままとなる。

 

 

▼アレッサンドロ・コスタクルタ(元イタリア代表/ACミラン)

alessandro-costacurta-ac-milan_d2vgz9b4adkj1g2sw97lwueu6

 

ここで、謝らなくてはいけないのだが、分かっている人もいると思う。

マルディーニ、バレージと来て、ここでアレッサンドロ・コスタクルタと来たら、ねぇ !そうですよね!

ここにマウロ・タソッティのCBで、伝説の「グランデ・ミラン」が形成されるわけで。

この「グランデ・ミラン」の中でも、特に過小評価されていたのが、このアレッサンドロ・コスタクルタ。

彼はミランの黄金時代を築き、マルディーニと同じくUEFAチャンピオンズリーグ優勝5回(1988-89, 1989-90, 1993-94, 2002-03, 2006-07)、セリエA優勝7回(1987-88, 1991-92, 1992-93, 1993-94, 1995-96, 1998-99, 2003-04)を成し遂げた、まさにレジェンド。

特別に突出した能力を持っているわけでも無いが、頭の良いコスタクルタはバレージからライン統率の術を教わり、世界最高のディフェンスラインを形成することに。

 

とある英紙が、”グランデ・ミラン”において”鍵となる存在”と称賛されている名DFに対し「イングランド代表がコスタクルタの質を持ったストッパーをいかに切望したか」と。

ちなみに、この英紙の「歴代過小評価されているランキング」的なもので、最も過小評価されているプレーヤー第1位にマイケル・キャリックを。第2位にアレッサンドロ・ コスタクルタ。第3位に現役時代、リバプールなどで活躍した元イングランド代表FWのスタン・コリモアが選出されている。

これを選んでいる人、結構、渋いサッカーマニアですよね、きっと。(笑)

コスタクルタは、ミランで20年プレーし、通算663試合に出場。

 

 

 

出典:YouTube

 

-イタリア, セリエA, 海外サッカー
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

【プレー動画あり】イニエスタ絶賛のヴィッセル神戸、セルジ・サンペールを知らないあなたへ。

バルセロナサッカーを体現すべく、これまでにアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、そして、バルサに所属したことはないが、世界TOPクラスの実績を誇るルーカス・ポドルスキを獲得してきたヴィッセル神戸。 …

【背景にある歴史的経緯とは?】リーガ伝統のエル・クラシコ、その歴史を振り返る

エル・クラシコ。 スペイン国内のみならず、世界中が注目するこの一戦。 では、エル・クラシコの背景に、政治・文化・歴史など様々な要素が絡み合っているのを皆さんは知っているだろうか? 約110年間続く2チ …

マルディーニから後継者として指名?常に体を張り続けるセルヒオ・ラモス。

監督解任の噂が絶えないレアル・マドリード。ベニテスの首が飛ぶのも時間の問題か。 スポンサーリンク そんななか、安定したパフォーマンスを誇っているのはマルディーニから引退前に後継者として指名されたセルヒ …

EURO2016ベスト8が決定!必然だったスペインの敗北と点取り屋不在の大きな代償。

波乱と表現するメディアが非常に多かったが、そうは思わなかった。 EURO2008をW杯王者として臨んだイタリアは、決勝トーナメント1回線でスペインに0-0でPK戦の末、敗れた。  スペインはその大会で …

長友を救った恩師との運命的な出会い。まるで小説のような長友佑都のシンデレラストーリー。

愛媛FCのセレクションに落選した少年は、地元中学校に入学し、サッカー部に入部するも学校には行かず、ゲームセンターに通う日々が続いていた。長友佑都は完全にグレていた。 そして、長友の入学と共に赴任してき …