サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

日本代表 海外サッカー

【東京五輪メンバー候補】トゥーロン国際大会で優勝するとどうなるのか気になったので調べてみた。

投稿日:

毎年、5月末から6月にかけて行われるトゥーロン国際大会。

この大会は主に、U-23世代が出場し、優勝を狙うという、ごく一般的な国際大会なように見える。

しかし、筆者はそれでは納得しない。

 

「ん?優勝しても何もなし?そんなはずないでしょー」

「トゥーロン国際大会って、なんで必要なの?」

などなど、気になること満載なので、ちょいと調べてみた。

 

スポンサーリンク

 

 

トゥーロン国際大会ってそもそも何よ?

トゥーロン国際大会は、開催国であるフランスを含めたU-23世代の各国代表を招待トーナメントであり、8ヵ国または10ヵ国が出場する。

日本はU-22代表が出場。

なお、2019年は12ヵ国が出場している。

 

順位 グループA
1 🇯🇵日本
2 🇵🇹ポルトガル
2 🇨🇱チリ
4 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿イングランド

 

順位 グループB
1 🇧🇷ブラジル
2 🇫🇷フランス
3 🇬🇹グアテマラ
4 🇶🇦カタール

 

順位 グループC
1 🇮🇪アイルランド
2 🇲🇽メキシコ
3 🇨🇳中国
4 🇧🇭バーレーン

 

 

 

 

トゥーロン国際大会、まさか優勝しても何もなし…??

トゥーロン国際大会、色々と調べたけど、まさかの優勝しても何もなし疑惑の可能性が高いよ…これ…。

「ん?そしたらこの大会いらないじゃん!」

うむ、諸君、心配することなかれ。

選手にとっては、これほどないチャンスを掴む機会なのだ。

なぜか?

この大会は、欧州のビッグクラブのスカウトが視察する、若手有望株の発掘市場的な存在となっていて、選手にとっては絶好のアピールチャンス。

過去に、アラン・シアラー、ルイ・コスタ、ティエリ・アンリ、ジブリル・シセなどが歴代得点王になっていて、彼らはそこからビッグクラブへと移籍しており、若手の登竜門的な大会となっている。

 

気になる日本代表とブラジル代表のメンバー

トゥーロン国際大会2019の決勝戦のカードは日本代表とブラジル代表。

気になるのは、両チームのメンバー。

未来のスーパースターや東京五輪出場メンバーなど、必ずここから出てくる選手もいるので要チェック。

 

日本代表

▼GK
オビ・パウエル・オビンナ(流経大)
波多野豪(FC東京)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)

▼DF
田中駿汰(大阪体育大)
椎橋慧也(仙台)
大南拓磨(磐田)
岡崎慎(FC東京)
古賀太陽(柏)

▼MF
相馬勇気(名古屋)
長沼洋一(愛媛)
神谷優太(愛媛)
三笘薫(筑波大)
伊藤達哉(ハンブルガーSV)
舩木翔(C大阪)
岩崎悠人(札幌)
高 宇洋(G大阪)

田中碧(川崎F)
川井歩(山口)
松岡大起(鳥栖)

▼FW
小川航基(磐田)
旗手怜央(順大)
小松蓮(金沢)

 

 

ブラジル代表

▼GK
1.Ivan(Ponte Preta)
イヴァン(ポンチ・プレッタ)
12.Lucas Perri(Crystal Palace)
ルーカス・ペッリ(クリスタルパレス)
22.Lucão(Vasco da Gama)
ルソン(ヴァスコ・ダ・ガマ)

▼DF
2.Emerson(Real Betis)
エメルソン(ベティス)
3.Lyanco(Bologna)
リャンコ(ボローニャ)
4.Murilo Paim(Cruzeiro)
ムリーロ・パイム(クルゼイロ)
6.Iago Borduchi(Internacional)
イアゴ・ボルドゥチ(インテルナシオナル)
13.Guga(Atlético-MG)
グーガ(アトレチコ・ミネイロ)
14.Adryelson(SC Recife)
アドリエウソン(レシフェ)
15.Bruno Fuchs(Internacional)
ブルーノ・フックス(インテルナシオナル)
16.Rogério(Sassuolo)
ロジェリオ(サッスオーロ)

▼MF
5.Douglas Luiz(Girona)
ドグラス・ルイス(ジローナ)
8.Wendel(Sporting)
ウェンデウ(スポルティングCP)
10.Mateus Vital(Corinthians)
マテウス・ヴィタウ(コリンチャンス)
11.Bruno Tabata(Portimonense)
ブルーノ・タバタ(ポルティモネンセ)
18.Matheus Henrique(Grêmio)
マテウス・エンリケ(グレミオ)
20.Lucas Fernandes(Portimonense)
ルーカス・フェルナンデス(ポルティモネンセ)

▼FW
7.Antony(São Paulo)
アントニー(サンパウロ)
9.Pedro (Fluminense)
ペドロ(フルミネンセ)
17.Pedrinho(Corinthians)
ペドリーニョ(コリンチャンス)
19.Matheus Cunha(RB Leipzig)
マテウス・クーニャ(RBライプツィヒ)
33.Paulinho(Bayer Leverkusen)
パウリーニョ(レバークーゼン)

 

 

-日本代表, 海外サッカー
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

【セリエA衝撃のデビュー戦】ジダン擁するユベントス相手に2ゴールの中田英寿がやっぱり凄かったwwww

  あのシーンは今でも忘れられない。 98年フランスW杯で中田英寿の海外での評価は急上昇した。オファーをもらったクラブはなんと10以上にもなったとか。 結果として、彼はセリエAのペルージャに …

【サンチェス vs アザール】プレミア随一のドリブラーが歩む15-16シーズンの光と闇。

サッカー選手にとって、プレミアリーグこそが最高の舞台である。これまでに多くの世界的プレーヤーがサッカーの母国でのプレーを求め移籍してきたのは言うまでもない事実。また、リーグ内での戦力差があまり大きくな …

【開幕戦で清武リーガ鮮烈デビュー評価】リーガ第2節の試合日程とWOWOWテレビ放送のまとめ。

日本人がリーガ・エスパニョーラという舞台で、まさかこんな鮮烈デビューをすると、誰が予想しただろうか。 EL王者セビージャに所属する清武弘嗣がリーガ・エスパニョーラ開幕戦で鮮烈デビューを果たした。 スポ …

【閲覧注意】何度見ても飽きない!世界のスーパープレー動画集!

それは何度見ても飽きることはない。 世界の名だたる選手のプレーを集めた動画。 スポンサーリンク C.ロナウド メッシ ネイマール ベイル アザール サンチェス ルーカス・モウラ 世界でも選りすぐりのテ …

憧れの選手はランパード?ポール・ポグバが理想とする「全てのことができる選手」とは。

フランク・ランパード。 チェルシーで18年連続でプレミアリーグ20試合以上出場。通算637試合210得点は、おそらく今後も抜かれることは無いだろう。 「シュート、ドリブル、得点力、守備力の面において最 …