サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【イスタンブールの奇跡】来季限りでの引退を示唆したジェラードの輝かしい功績

   

かつてリヴァプールに17年在籍し、今夏よりLAギャラクシーに所属するレジェンド、MFスティーブン・ジェラードが、来季限りでの引退を示唆。

「イスタンブールの奇跡」と呼ばれた、劇的な逆転勝利を収めた04-05シーズン欧州CL決勝。

レジェンド、ジェラードの輝かしい功績を振り返ってみる。

スポンサーリンク

リヴァプールに17年在籍し、今夏よりLAギャラクシーに在籍するスティーブン・ジェラード。

彼が先日行われたプレーオフにて、シアトル・サンダースと対戦し2-3で敗れ、今シーズンの日程を終えた。

そしてジェラードは、シアトル戦終了後に

「来季は、サッカー選手として僕のラストシーズンになるかもしれない。ここで4カ月の経験を経て、来年はより良いシーズンを過ごすことができるだろう。でも今は、次のシーズンが来ないでほしいと感じている」

と引退を示唆。

 

ジェラードといえば、様々な記憶が蘇るが、なかでも記憶に残っているのが、04-05シーズン欧州CL決勝。

トルコ・イスタンブールで行われた決勝は、リヴァプールと同じく、赤をチームカラーとするACミラン。

このシーズン、プレミアリーグで不調だったリヴァプールは、前半だけで3点を奪われ、見ているものは皆、ミランの勝利を確信したことだろう。

しかし、ジェラードのヘディングシュートを皮切りに、後半わずか6分間で3点を決め、試合を振り出しに戻すことに。

 

しかし、本当のドラマはここからだった。

延長戦になっても決着はつかず、PK戦に。

ここで、リヴァプールGKデュデクの「クネクネした動き」に惑わされ、ミランはセルジーニョ、ピルロ、シェフチェンコの3人が止められ、万事休す。

リヴァプールの劇的な逆転勝利となった。

(※なお、この試合のMVPは、GKデュデクではなく、キャプテンであり、チームを勢いづかせる先制点をあげたジェラードが受賞)

 

そんなジェラードの輝かしい功績を振り返ってみると、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ、2つのFAカップ、3つのリーグカップ、2つのUEFAスーパーカップと、タイトルコレクションに申し分はない。

しかし、プレミアリーグのタイトルだけは、唯一獲得することができなかった。

そのことについてジェラード本人は

「山あり谷ありだったけど、プレミアリーグのメダルが獲れなかったことは最大の失望だ。リーグタイトルは選手に花を添えるものだと思う。それがあれば完璧なシナリオだったけど、人生で全てを手にすることは難しい。だが、何か高い目標を達成するとき、この苦い経験がいつか自分を奮い立たせてくれると考えている」

とコメント。

いつか監督として、彼がリヴァプールでプレミアリーグタイトルを獲得できる日を、皆は望んでいるだろう。(私は、正直、そのような光景はあまり見たくない笑)

 

スターはいつか引退するものだと知ってはいても、こう目の前にするとなんとも悲しいものです。

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - 海外サッカー , , ,

  関連記事