サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

プレミアリーグ 海外サッカー

世界でも非常に珍しい日本にルーツを持つダビド・シルバ。世界で広がるボーダーレスの流れ。

投稿日:

日本ではそこまで馴染みがないが、世界では複数の国籍を持つことが珍しくない。

アドナン・ヤヌザイは家族の血統上、コソボ・アルバニア・トルコ・セルビアを選択することができたが、ベルギー代表でプレーすることに決めた。ジエゴ・コスタはブラジル出身だが、アトレティコ・マドリードでリーガ優勝を果たし、サッカー人生に花を咲かせてくれたスペイン代表を選択。彼はブラジルA代表で2回親善試合に出場していた。

スポンサーリンク

国籍取得条件は国によって条件が異なるものの、FIFAの規定には「国籍を持たない国の代表」としてプレーする事に関する規定があり、国籍取得にはその国での居住歴が5年以上とされている。ベルギー代表を選択したヤヌザイは、同上の理由で、2018年以降にイングランド代表を選択する可能性もあった。

また、FIFAは2009年から、二重国籍の選手がFIFA主管の成人大会に出場していなければ、所属サッカー協会を変えられるよう規定を変更した。2003年までは16歳以上の代表で出場した選手は、帰化しても代表チームを移ることができなかった。前述のジエゴ・コスタは、この規定によって代表チームの変更をすることができた。

複数の国にルーツを持つ選手が多いなか、日本にルーツを持つ、世界でも非常に珍しい選手が世界最高のプレミアリーグで活躍している。ダビド・シルバは、母親がなんと日系人。日本の血が僅かながら彼の中で流れている。彼が生まれたカナリア諸島は、日本の遠洋漁業基地があり、日本とも縁が深いんだとか。

こうしたボーダーレスの流れは近年、加速している。ブラジルW杯本大会32出場国のうち、1つの国籍の選手で構成されたチームは7か国のみで、韓国・ロシア・ブラジル・メキシコ・コロンビア・エクアドル・ホンジュラス。日本の酒井高徳は、日本人の父親とドイツ人の母親との間にニューヨークで生まれたことから、3か国(日本・ドイツ・アメリカ)の国籍を選択することができた。

日本ではこれまであまり一般的ではなかったボーダーレスという考え。しかし、世界では当たり前になりつつある。ダビド・シルバのように、日本にルーツを持つ選手は世界ではまだ少ないが、これから増えていくことに違いない。

 

 

https://youtu.be/Rg_pkgqW31M

出典:YouTube

 

-プレミアリーグ, 海外サッカー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

【15-16 PFA最優秀若手選手賞】ジェラードが大絶賛しているデレ・アリを知らないあなたへ。

幼少期という早い段階から、父親が才能を見抜いていた。兄であるロベルトがプロ契約を交わした際に、父親は指導者に「将来、超一流の選手になるはずの子が家にいます。ロナウドと言います。」と。 彼の名はロナウジ …

絶滅危惧種であるソックス『ルーズ履き』。そんなパウロ・ディバラを知らないあなたへ。

憧れの選手がどのようなソックスの履き方をしているのかをよく見て、そして実際に真似てみる。サッカーを経験している者なら一度はあるのではないだろうか。 現在、主流となっているのが『アンリ履き』と言われる、 …

【アフリカ現役最強MF】ヤヤ・トゥーレはやっぱりスーパーだったwwww

    アフリカ現役最強MFとの呼び声が高いマンチェスター・シティのヤヤ・トゥーレ。 彼は、その体格からは見合わぬ動きと広い視野、プレー全体の柔らかさには定評がある。 そして、器用 …

2015年を席巻した世界王者バルセロナ。2016年の成功の鍵はアルダ・トゥラン???

ビセンテ・カルデロンで10番を着け、チームの中心を担ってきたトルコ人MFは、2015年夏、夢だったバルセロナ移籍を決意した。2016年1月まで出場できないことを知っていたにも関わらず。 スポンサーリン …

【昨季王者バルサがまさかの敗北】ジャイアントキリングを起こした、セルタの完璧なゲームプランとは?

昨季リーガ王者であり、3冠を達成したバルセロナ。 一方、ルイス・エンリケが指揮した古巣であり「第2のバルセロナ」との呼び声が高いセルタ。 ジャイアントキリングを起こした、セルタの完璧なゲームプランとは …