サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

【第2のヴィエラ現る?】エジルを封じたウェストハムの16歳オックスフォードを知らないあなたへ

   

 

まさに第2のヴィエラだった。プレミアリーグ開幕戦でアーセナルのエジルを封じたのは16歳のオックスフォード。

いやいや、オックスフォードってだれ?と知らないあなたへ。

スポンサーリンク

リース・オックスフォード。

ウェストハム所属で、1998年12月16日生まれの16歳。

身長は192cm。

日本でいう高校2年生にあたる。

ちなみに彼はレアル・マドリードに移籍したことで話題になったマルティン・ウーデゴールより1日生まれが早い。

早くから期待され、U-17イングランド代表にも選ばれており、プレミアリーグデビュー戦は16歳とは思えないプレー内容だった。

今季チェフを補強した優勝候補筆頭の相手に、ウェストハムの新星はボランチのアンカーポジションでエジルを封じ込めた。

その姿はまるで、かつてアーセナルのパトリック・ヴィエラを彷彿とさせた。

いや、まだまだヴィエラの領域までは及ばないが、その将来に期待をせざるを得なかった。

本来はCBでプレーをするオックスフォードだが、スラベン・ビリッチ新監督が

「4バックの前に“第3のCB”を置きたかった」

と語っており、超攻撃的なアーセナル相手に対抗する方法だったことを明かした。

また、イギリスメディア『BBC』は、オックスフォードのパス成功率がピッチ上で最高の95パーセントに。

ボールロストもわずか1回だけというデータを示し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

オックスフォードは守備面だけに留まらず、指揮官が期待した以上の大仕事をやってのけたのだ。

オックスフォードの、この落ち着きぶりは是非、動画で見ていただきたいです。

 

 

 

出典:YouTube

 

スポンサードリンク

 - プレミアリーグ, 海外サッカー , , , ,

  関連記事