サッカー好きのための拾い読みウェブサイト

サッカー好きのためのWeb Soccer Magazine

海外サッカーをDAZNやWOWOWをスマホで観るとき、Wi-Fiネット環境がとても重要である。

      2019/06/24

スポンサードリンク

海外サッカーをスマホで観るなら、とことんWi-Fiネット環境にこだわるべし。

DAZNWOWOWスカパー!のオンデマンドで海外サッカー好きな人なら一度は経験したことがある、「あー、通信容量足りないし、通信速度遅いから(速度制限)、全然サクサク観れないよー(泣)」的な状況。

サッカー観戦には致命的とも言える、このネット環境。さて、どうやって解決しようか。

 

 

海外サッカーを観るのはスマホ?PC?

まず、海外サッカーを観る際、視聴デバイスを決めることからスタート。

主に選択肢は2つ。

 

スポンサーリンク

 

①いつでもどこでも手軽に観れるスマホ観戦

1つ目は、現在、多くの人が所有しているであろうスマホ(スマートフォン)での視聴。

いつでもどこでも手軽に観れるのがスマホ視聴のメリット。

逆に、デメリットは、携帯各社の通信容量や通信速度では、海外サッカーを視聴できる環境に限界があるということ。

 

「自分に限界なんて無い、諦めたらそこで試合終了」

 

なんて、某バスケットボール漫画の安○先生に感化されて、常日頃からその考えを持つ、熱血人間(友人A)みたいな人が時々いますが…。

 

通信容量、通信速度に、限界、あります。笑

諦めて違う選択肢を考えた方が、海外サッカーをサクサク観れます。笑

 

②サクサクWi-Fi完備の自宅やカフェでPC海外サッカー観戦

2つ目は、Wi-Fi完備の無双状態の自宅やカフェ等で、PCで海rot外サッカーを観戦するという方法。

このパターンは、スマホで困っていた通信容量通信速度に悩むことはないし、画面もスマホより大きく、より快適に視聴できる。これには、謎の「限界無し論」を説く友人Aもドヤ顔。

しかし、このパターンはスマホ観戦パターンとは違い、環境や場所が限られる。

また、スターバ○クスのようなところで熱烈な海外サッカーファンが観ようものなら、思わず興奮してしまい、声なんかを出してしまえば、周りから冷ややかな視線を浴びることになる恐れあり。友人Aよ、要注意。

 

スマホ観戦に欠かせない抜群のWi-Fi環境を整えるべし。

「あなたはスマホとPCのどちらで観ますか?」なんて書いておきながらアレですが、おそらく7割くらいはスマホ観戦だと思います。

特にDAZNの開拓が凄まじいスピードで進められており、友人AはDAZNマニアになっているから驚いた。

DAZNは国内外のサッカーに限らず、バレーボールや野球プロレスなどなど、多くのスポーツを観戦できる。

過去にDAZNについての記事を掲載しているので、下記に再度掲載しておく。あ、ちなみに、DAZNからは一銭も受け取っていないです。(笑)

 

 

 

 

とまぁ、友人Aの話は置いておいて。

海外サッカーをスマホで観る上で重要なのは、通信容量通信速度

これを解決できるのが手軽に持ち歩ける「ポケットWi-Fi」なるもの。さて、ポケットWi-Fiは私たちの海外サッカー視聴生活を一体どのくらい変えるものなのか。

まずは、ポケットWi-Fiの良いところ(メリット)と悪いところ(デメリット)を挙げていくとしよう。

 

ポケットWi-Fiの良いところ。その①自宅で、外出先で、工事不要、簡単にインターネットに繋げる

ポケットWi-Fiは、外出先で簡単にインターネットに繋ぐことを目的に作られたもの。

ポケットWi-Fiさえあれば、旅行先や外出先、また、自宅でも簡単にインターネットに繋ぐことができるスグレモノ。

 

 

ポケットWi-Fiの良いところ。その②実は”スマホだけ”使用よりも安価

スマホで海外サッカー観たり、YouTubeで世界のアイツらのスーパープレーをネットサーフィンしたり、分からない若手選手のことをグーグル先生に聞いたり…などなど、あっという間に通信量が膨大になっていることは、サッカー小僧あるあるだが。(サッカー1試合で約1〜2GBのデータ容量を消費する)

この時、通信量に比例して、スマホの月額料金も高額になっていることが多々ある。

最近では、携帯キャリア各社がこのようなヘビーユーザーたちに向けて、大容量パック(20GBくらい)なるものを打ち出しているが、これは基本料金や端末代金、通話料金とは別に6000円以上もかかるので、非常に高 額に。

しかし、ポケットWi-Fiなら20〜30GBで月額3000円前後で使用できる。およそ半額だ。年間で4万円前後も違うとなれば、ポケットWi-Fiとスマホの組み合わせがマストではなかろうか。

 

 

ポケットWi-Fiの良いところ。その③スマホあるあるの”月末の通信制限”に困ることは無い

筆者の個人的な統計では、スマホ利用者のうち、約3〜4割は月々のスマホ通信制限という謎の縛りにかかっていたのではなかろうか。

これは各々の携帯プランによりけりだが、それぞれのパケット通信容量の上限に達すると、その月末まで通信速度が128kbpsという超低速な通信速度となってしまい、イライラが募らせる恐怖のルールが存在する。

この”スマホあるある”を解消する方法に、携帯プランの変更や、コンビニやネットで気軽にパケット通信を追加購入することができるなど、携帯各社が多くの対処法を提示しているのだが。

こうやって儲けているのかと感心。(笑)

しかし、ポケットWi-Fiを使えば、スマホのパケットを使用する事はないので、この恐怖のルールに縛られることがない。安心せよ。

 

▽GMOとくとくBB公式サイトはこちら

 

 

ポケットWi-Fiの悪いところ。その①ポケットWi-Fiには通信制限がある

スマホの通信制限に困る事はないけれども、ポケットWi-Fiの通信制限に困ることになるかもしれないって?これ本当??

半分は本当で、本文は嘘。

ポケットWi-Fiの契約プランによって、月々のデータ容量の上限が異なるが、一応、決められている。そのデータ容量の上限を超えると、携帯と同じで、128kbpsという超低速な速度制限がやってくるのである。

しかし、ポケットWi-Fiの契約プランには月々のデータ容量の上限無しプラン的なものが用意されているので、超低速の通信制限にイライラする人はそちらをチェックしてみると良いだろう。

また、3日間で10GBを超える通信量を消費した場合、1Mbpsに通信制限されることになる。

だが、悲観することなかれ。1Mbpsは1024kbps。超低速でイライラMAXに達する128kbpsの8倍。

しかも、数日間我慢すれば、元に戻るというから、ポケットWi-Fiって実は最強??

 

 

ポケットWi-Fiの悪いところ。その②安定した通信速度が保証されない

最強じゃないの?なんて思ったのも束の間、実は、固定回線よりも通信速度の安定さが保証されない。

イライラしない程度にインターネットに繋げることはできるが、屋内で利用されるWi-Fiよりは当然、通信速度は落ちるし、いきなり通信速度が遅くなったりすることもしばしば。

この辺の感じ方は、個人差があると思う。

 

 

 

スマホでサッカー観戦に適したオススメのポケットWi-Fiは??

うむ、私たちの海外サッカー視聴生活を大いに変えてくれるであろう希望の星であることは分かってくれたであろう。

さて、このサッカー好きの希望の星であるポケットWi-Fi。気になるのは①値段②快適さ。

この2つに焦点を当ててオススメのポケットWi-Fiを紹介してみようと思う。

 

①値段で比較してみようポケットWi-Fi

現在、スマホ(iPhone等)を携帯各社(ソフトバンク・au・docomo)で契約している猛者は、おそらく月々の支払いが5000円〜1万円くらいではなかろうかと予想する。

そしてポケットWi-Fiの値段が3000円〜1万円と幅が広い。

そこでWiMAX・ワイモバイルを比較してみる。

 

  UQ WIMAX Y!mobile
実質費用(初年度)  3,470円 4,819円
キャンペーン  32,050円キャッシュバック 毎月1,150円割引
回線速度(下り)  最大1.2Gbps 最大112.5Mbps 
回線速度(上り)  最大75Mbps 最大37.5Mbps

 

 

①UQ WiMAX

スクリーンショット 2019-04-18 7.47.33

 

▼端末代
Speed Wi-Fi NEXT W06
0円

▼初期費用
3,000円

▼毎月かかる費用
4,227円

ー ギガ放題(2ヶ月間のみ3,609円)
4,263円

▼キャッシュバック(GMOとくとくBB)
-32,050円

 


▼1年あたりの平均費用
41,638円

▼実質月額費用
3,470円

 

最安値はUQ WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W06を契約した場合。

実質月額費用がズバ抜けて安く、他に選択の余地はない。

 

 

 

②Y!mobile

スクリーンショット 2019-04-26 8.41.21

 

▼端末代
Pocket WiFi 603HW
41,400円

(1,150円×36ヶ月)

▼初期費用
ー契約事務手数料
3,240円

▼毎月かかる費用
4,729円

ーPocket WiFiプラン2(さんねん)
3,991円
ーアドバンスオプション
738円

 

▼月額割引
-1,150円

 


▼1年あたりの平均費用
57,828円

▼実質月額費用
4,819円

 

 

 

②快適さで比較してみようポケットWi-Fi

快適さで比較してみると、圧倒的にUQ WiMAXの方が通信速度が速く、快適であることは間違いなさそう。

この通信速度は、スマホでのサッカー観戦では非常に重要なポイントであり、値段を気にせず、通信速度を意識して購入する人も多い。

 

通信可能かどうか不安な人は、GMOとくとくBB公式サイトにて、便利なエリア判定が行える。

今すぐチェックしてみるべし。

 

▽GMOとくとくBB公式サイトはこちら

 

 

選ぶならUQ WiMAXが断然お得??

ここまでUQ WiMAXとY!mobileを紹介してきたが、どうやらUQ WiMAXの方が、値段と快適さではかなりリードしている。

となると、UQ WiMAXが断然お得なのだが、実はプロバイダ選びも重要になってくる。

「プロバイダってなによ??」って、友人Aも言っているので、説明しよう。

 

 

プロバイダ選びが重要!UQ WiMAXを一番安く購入する方法とは。

プロバイダとは、インターネットの鍵を開ける役割を持っていて、回線を繋いだだけではインターネットに接続することはできない。

つまり、プロバイダと契約しなければ、インターネットに接続することができない。

 

そして、現在、UQ WiMAXを提供しているプロバイダは20社以上。

20社以上あるが、通信速度等に大きな違いはなく、料金面において各社異なる違いを見せる。

 

多くのプロバイダから、筆者がオススメしたいのが、GMOとくとくBBから申し込む方法。

 

スクリーンショット 2019-05-29 7.05.48

 

あのGMOインターネットが運営するプロバイダで、料金面では最安値で申し込みすることができる。

 

GMOとくとくBBが選ばれるワケ

20社以上あるなかから、GMOとくとくBBが選ばれるワケ。

 

特典1:初期費用がおトク!端末代0円!

特典2:月額料金がおトク!月額3,609円から!

特典3:最大36,150円キャッシュバック!

 

 

 

スクリーンショット 2019-05-28 4.36.18

 

 

料金プラン、選ぶならギガ放題!!

GMOとくとくBBでは2つの料金プランが選べるのだが、ギガ放題プランを選ぶのがマスト。

通常料金プランでは、月7GBの通信制限がかかってしまう悪夢がもれなく付いてくるので、選ぶべきではないだろう。

 

 

クレードル無しでも充電はできる

クレードルとは何か。

簡単に言えば、充電スタンド。うむ、これ以上は簡単には言えぬ。(笑)

十何年前の、まだガラケー全盛期だった頃。おそらく、充電スタンドってあったと記憶している。これでわかった人、それである。

ガラケーもそうだったが、充電スタンドなんてなくても充電はできる。

また、クレードルを希望すると、3000〜4000円程、請求されてしまう。

なるべくお金をかけたくないなら、クレードルは希望しない方が良いだろう。

 

▽GMOとくとくBB公式サイトはこちら

 

 

まとめ

選ぶなら、UQ WiMAX。

また、ここだけの話だが、GMOとくとくBBでは毎月、異なるキャンペーンやキャッシュバックを実施しているため、ここで書いた月額料金と異なることがある。

どのキャンペーンが自分に合っているのか確認した上で、申し込みを行うと良いだろう。

まずは、GMOとくとくBBの公式サイトにアクセス!

 

▽GMOとくとくBB公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 - 海外サッカー , , ,

  関連記事